行動計画

目的

職員がその能力を十分に発揮できる環境を整備することにより、すべての職員が働きやすい職場を目指して下記のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 2021年 4月 1日~ 2024年 3月 31日

2. 内容
  目標1:育児・介護休業法に基づく育児休業等、介護保険法に基づく育児休業・産前産後休業給付などの諸制度を説明、周知
<対策>
●2021年05月~ 対象者、予定者等への意識・意向調査、検討開始
●2021年08月~ 管理者、対象者、予定者等への説明会の実施、管理者を通しての
職員への周知
●2022年04月~ 継続した、対象者、予定者等への意識・意向調査、説明の実施。

 目標2:年次有給休暇の取得推進のため、有給休暇、メモリアル休暇の全職員へ説明、また勤怠システム導入におけるデータの解析、個人への有給取得のアプローチを行う。
<対策>
●2021年 04月~ 有給取得数の現状調査、勤怠システムからのデータ解析
●2021年 09月~ 院内検討委員会での検討開始
●2021年 11月~ 各部署、個人への説明、有給取得のアプローチを行う